スポーツ損傷に伴う膝関節手術(前十字靭帯再建術)、アキレス腱再建術

スポーツ外傷には、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・肉ばなれ・腱断裂・靭帯断裂(損傷)などがあります。また、スポーツの種類により発生しやすい外傷というものがあります。たとえば膝関節の靭帯断裂(損傷)は、柔道・バスケットボール・サッカーなど接触性のスポーツに多い外傷です。アキレス腱断裂は、普段スポーツをあまりやらない人が急にスポーツをした時に受傷することが多く、接触性よりも非接触性のスポーツ(バレーボール・バドミントンなど)で多く見られます。

前十字靭帯再建術(ACL再建術)

前十字靭帯再建術(ACL再建術)

膝の靭帯には、後ろから前へ走行する靭帯(前十字靭帯)、前から後ろへ走行する靭帯(後十字靭帯)、内側と外側にある靭帯(側副靭帯)などがあります。前十字靭帯の役割は、大腿骨と脛骨を強力に結び、関節を安定化し脛骨が前方にずれるのを防いでいます。

前十字靭帯断裂(損傷)は、主にスポーツ中に生じることが多く、ジャンプ時の踏切や着地、膝の外側から強い衝撃を受けた時、急な方向転換等、外力を受けることによって起きるケースが多い様です。受傷時は、膝が外れた様に感じ、鈍い音を体感することもあります。初期症状としては、膝関節内に血が溜まり(血腫)膝が腫れたり、膝伸展が制限される場合もあります。未治療で放置すると、歩行障害や膝の不安定性を生じることもあります。

断裂した前十字靭帯は自然に治癒する事はほとんどなく、新たな靭帯を作らなければなりません。そのため受傷したら約一ヶ月間のリハビリ後、靭帯を作り直す(再建する)手術を実施する必要があります。手術では、断裂した前十字靭帯の代わりに、自分の身体にある他の靭帯と人工靭帯を組み合わせ(ハイブリット)再建術を行います。1本で再建する場合(1ルート)と、2本で再建する場合(2ルート)があり、入院期間は約2週間くらいです。早い人は1週間程で杖なしで歩けるようになります。個人差はありますが、スポーツ復帰は手術後約6ケ月ぐらいです。

靭帯断裂(損傷)の治療・手術は、年齢やその人のスポーツへの関わり方等によって大きく変わります。それぞれに応じた治療法を選択する必要がありますので、まずは医師の正確な診断が必要です。

アキレス腱断裂

アキレス腱断裂

アキレス腱断裂

アキレス腱が断裂しても、ほとんどの人は歩くことは出来ますが、足関節の底屈力が弱くなり、つま先立ちは出来ません。アキレス腱が正常につながっていれば、ふくらはぎを握ると足関節が動きます。しかしアキレス腱が切れてしまうと、ふくらはぎをにぎっても動きません(トンプソン・テスト陽性)。

治療法には、手術をしない保存療法と手術療法があります。手術を避けたい人にはギプス固定による保存的治療法がありますが、治療には長期間かかります。スポーツや社会生活に早く復帰したい人には手術を行います。早期から足関節の可動域訓練やふくらはぎの筋力トレーニングが開始できる等の利点がありますが、長期成績は変わらないとの報告が多いようです。どちらの治療法を選ぶかは、患者さまの状況やアキレス腱断裂の状態によって異なります。