睡眠時無呼吸症候群に対するCPAP療法

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に繰り返し呼吸が止まる病気です。きちんと睡眠をとれていないことにより、日中ひどい眠気に襲われ、交通事故や労働災害を起こしたり、また、悪化すると、脳梗塞、心筋梗塞、高血圧、糖尿病といった生活習慣病に発展する可能性も非常に高くなります。

睡眠時無呼吸症候群の方は、正常の方に比べると、高血圧の発症する可能性は2倍、脳梗塞は3倍、心筋梗塞の危険性は4倍といわれております。

お心当たりはありませんか?

  • 日中、眠気で仕事等に集中できない
  • 運転中、眠気がひどい
  • 以前よりも疲れやすい
  • 睡眠時間を充分にとっても疲れがとれない

上記症状にあてはまる方は受診されることをお勧めいたします!

検査ついて

はじめに外来診察にて問診を行います。睡眠時無呼吸症候群の疑いがあると医師が判断した場合、簡易装置を用いた検査に進みます。無呼吸状態は睡眠時に発生するため、通常は入院検査にて行います。呼吸状態、その他睡眠中の様々な状態を測定する簡易検査(睡眠ポリグラフィー)を実施します。

入院検査について
  • 1泊2日の入院検査となります。入院日・入院時間・退院時間は患者様とご相談の上決定します。
  • 睡眠時の検査となりますので、ご勤務されている方は会社を休まずに検査が受けられます。
  • ※入院時間・退院時間については患者様のご希望に合わせることが可能です。
  • ※場合によってはご自宅にて検査となる場合もあります。

入院当日の睡眠ポリグラフィー検査の流れ

治療方法について

当院の場合、検査の結果、睡眠時無呼吸症候群と診断された場合は在宅持続陽圧呼吸療法療法(CPAP療法)を行います。自宅にて就寝時に鼻マスク装置を取り付けていただきます。鼻から空気を送り込み、睡眠中に緩んだ喉の筋肉によって気道が塞がってしまうのを防止する装置です。送られてくるのは酸素ではなく空気です。

在宅持続陽圧呼吸療法療法(CPAP療法)を行うことにより
次のような効果が見込まれます。

  • 無呼吸、イビキの解消
  • 日中の眠気の改善(自覚症状の改善)
  • 生活習慣病等の改善
  • QOLの改善

治療開始後は、月1回の外来診察(経過観察)となります。一カ月分の呼吸状態のデータを基に呼吸状態を管理致します。

診療の流れ(CPAP導入まで)

診療の流れ(CPAP導入まで)

治療法(CPAP療法)

治療法(CPAP療法)

CPAPとは持続式陽圧呼吸療法のことで、鼻に酸素マスクのような機器を取り付け空気を送りこむことによって、ある一定の圧力を気道にかける方法です。鼻マスクを介して、予め設定した圧力を気道へ送り、気道を常に陽圧に保つことにより、気道の閉塞を防ぎます。CPAP療法は、中度から重度の睡眠時無呼吸症候群の患者に大きな効果があります。手術や薬は必要はなく、マスクを装着するだけです。気道を広げることで空気の通りがスムーズになり、ぐっすりと眠ることができて、いびきも軽減されます。

※精密検査が必要と判断した場合は、近隣の大学病院等へ再検査をお願いする場合があります。

担当医のご紹介

吉田 武(よしだ たけし) 内科医長

吉田 武(よしだ たけし)
診察日 毎週 水曜
診察時間 午前9:00~12:00