腰椎後側方固定術PLF(腰椎変性すべり症等に対する手術)

この手術は、腰椎変性すべり症(軽度)等腰椎の不安定性に対する安定性獲得と腰部脊柱管狭窄症等によって圧迫された脊髄の除圧を目的とした手術です。まず腰の後方を縦に切開し、神経を圧迫している骨・靭帯を切除します。患者様自身の骨と人工骨を横突起上に骨移植し固定します。スクリュー等を使用する場合もあります。脊髄の圧迫が取り除かれ、腰椎の安定性が獲得されます。

腰部脊柱管狭窄症とは・・・

腰部脊柱管狭窄症とは、脊柱管が狭くなり神経が圧迫されることによって起きる病気で腰痛や下肢のしびれ・歩行障害等をきたす病気です。症状の特徴として、しばらく歩くとだんだん下肢が痺れたり重くなったり痛みが出現したりして、歩くことが困難になります。しかし、腰掛けたり屈めたりして「しばらく休むとまた歩けるようになる」、「前かがみになると楽になる」いう、間欠性跛行(かんけつせいはこう)という状態が、腰部脊柱管狭窄症の症状の特徴です。また、圧迫される部位が「神経根」、「馬尾」、「神経根・馬尾の両方」によって症状も様々です。

症  例
50歳代男性
症  状
腰痛、右下肢のしびれ、歩行障害、間欠性跛行
X線写真
側面機能撮影にて変性すべり症(不安定性)を認める。
MRI検査
椎間板の変性、脊柱管狭窄を認める。
診   断
腰椎変性すべり症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎不安定症
手   術
腰椎後側方固定術 腰椎部分椎弓切除術

手術後の経過
手術翌日には、右下肢のしびれ消失。経過良好にて術後3週間で自立歩行にて退院となった。

術前MRI(T2強調像)と腰椎後側方固定術(PLF)術後のX-P