医療関係の皆様へ

| 紹介患者様の受付について | 検査依頼の受付について | 専門外来について |

| 整形外科手術について | リハビリテーションについて |

紹介患者様の受付について

1.「診療情報提供書(紹介状)」に必要事項をご記入の上、患者様にお渡し下さい。予約の場合、お電話又はFAXにてご連絡ください。

TEL:0296-75-0600 FAX:0296-75-0646

※診療情報提供書(紹介状)については貴院で利用されている紹介状で構いません。当院の診療情報提供書をご利用の場合は下記書式をダウンロード下さい。

診療情報提供書ダウンロード
診療情報提供書 診療情報提供書(PDF)

2.(予約の場合)受診日時を記載した「診察予約票」をFAXにてご返送しますので、患者様に交付してください。

3.(受診当日)受診の際は、予約15分前を目安に外来にて受付ください。

※「保険証」、「診療情報提供書(紹介状)」、「診察予約票※予約の場合」をご提出いただきますようご指導ください。

4.当院での診察後、報告書を作成しご紹介医にFAX又は郵便等でお知らせいたします。当院からのご返事がない場合は、ご遠慮なくお申しつけ下さい。

検査依頼の受付について

1.検査を依頼される場合は、放射線部に宛てにお電話下さい。
電話予約後、「検査予約申込書」をFAXにてお送り下さい。
TEL:0296-75-0600 FAX:0296-75-0646

予約可能な検査
検査 内容
CT(4列) 各部位(単純・造影)
CT・MRI造影検査を受けられる方へ(問診票) CT・MRI造影検査を受けられる方へ(問診票)
CT造影検査説明書 CT造影検査説明書
CT造影検査同意書 CT造影検査同意書

※造影検査をご希望の場合は、紹介先にて患者様へ説明と同意をお願いいたします。

MRI(0.2T) 各部位(単純・造影)
CT・MRI造影検査を受けられる方へ(問診票) CT・MRI造影検査を受けられる方へ(問診票)
MRI造影検査説明書 MRI造影検査説明書
MRI造影検査同意書 MRI造影検査同意書

※造影検査をご希望の場合は、紹介先にて患者様へ説明と同意をお願いいたします。

一般撮影 各部位
骨密度測定(DXA) 腰椎・大腿骨(2部位測定)
超音波検査(エコー) 心臓・腹部・甲状腺・頚部血管

2.検査当日は 「保険証」 「診療情報提供書(紹介状)」
をご持参くださいますようお願いいたします。
※造影検査の場合は、「問診票」「同意書」もご持参くださいますようお願いいたします。

検査予約申込書ダウンロード
検査予約申込書(フォーム入力型) 検査予約申込書(フォーム入力型)   検査予約申込書(印刷用) 検査予約申込書(印刷用)
検査結果について
CT検査・MRI検査 2~3日中に読影レポートを郵送・FAX・メールにてお送りいたします。ご希望の方法で送付いたします。
超音波検査・骨密度測定 レポートを当日患者様へお渡しいたします。
※なお、検査中に緊急を要する所見があった場合はご連絡差し上げます。

MRI検査について

MRI検査は、以下のような方は検査を受けられない場合がありますので、予めお問い合せ下さい。

  • 心臓ペースメーカーを使用している方
  • 動脈瘤クリップや人工関節などの金属が体内にある方
  • 妊娠中もしくは妊娠の可能性のある方
  • 閉所恐怖症などの狭いところが苦手な方
同意書・説明書ダウンロード
CT造影検査説明書 CT造影検査説明書CT造影検査同意書 CT造影検査同意書
MRI造影検査説明書 MRI造影検査説明書MRI造影検査同意書 MRI造影検査同意書

専門外来について

専門外来の診療も行っております。

脊椎・人工関節専門外来
担当医・診察日:
瀬戸嶋政勝(毎週 月曜・火曜・金曜・土曜 午前9:00~12:00)

腰椎椎間板ヘルニア、すべり症、分離症、変性側弯症などの腰椎変性疾患、頚椎症性脊髄症などの頚椎・頚髄疾患及び膝・股関節の変形性疾患を中心に取り組んでおります。

スポーツ整形外来
担当医・診察日:
瀬戸嶋政勝(毎週 月曜・火曜・金曜・土曜 午前9:00~12:00)

スポーツによる膝・肩・肘関節等の障害および外傷の治療を行っております。スポーツ選手から中高年のスポーツ愛好家までの幅広い分野で医学的なサポートを行っております。

ペイン外来
担当医・診察日:
土居公一(毎週 土曜 午前9:00~12:00 午後2:00~5:00)

硬膜外ブロック・仙骨裂孔ブロック・神経星状ブロックをはじめとしたブロック療法や、肩・首・腰等への痛みの強い部位 へのトリガーポイント注射等を行っています。

循環器専門外来
担当医・診察日:
上山 昇(毎週 月曜・火曜・金曜・第1.3土曜 午前9:00~12:00)
高野仁司(毎週 木曜 午前9:30~12:00)

常勤1名、非常勤2名の循環器専門医による外来を行っております。

呼吸器専門外来
担当医・診察日:
吉田 武(毎週 水曜 午前9:00~1200)

肺癌・肺炎、喘息、COPD、在宅酸素療法等の呼吸器疾患全般に対応しております。

睡眠時無呼吸専門外来
担当医・診察日:
吉田 武(毎週 水曜 午前9:00~12:00)

睡眠時無呼吸症候群の診断・治療(CPAP療法)に積極的に取り組んでおります。

整形外科 手術について

腰椎椎体間固定術(PLIF)+α

  • 当院の整形外科では、脊椎・膝関節・股関節を中心とした手術を行っております。
  • 脊椎疾患(頚椎、腰椎)については、ブロック注射、リハビリ等の保存的治療を中心としますが、手術が必要と判断した場合、椎弓形成術・椎体後方固定術等の手術を積極的に行っております。
  • 関節の変形性疾患・関節リウマチに対して、適応があれば積極的に人工膝関節置換術・人工股関節置換術を施行しております。
  • スポーツ外傷等による腱の損傷・断裂に対して、靭帯再建術を施行しております。
最小侵襲による手術(MIS)

人工膝関節置換術

最小侵襲(MIS)とは、治療部位の切開(侵襲)の程度をなるべく小さくし、患者様にかかる負担を少しでも軽くしようという手術方法です。当院の人工膝関節置換術は、この最小侵襲と呼ばれる手術方法です。筋肉のダメージを最小限にする方法ですので、リハビリの早期開始、早期退院、早期社会復帰へとつながる手術方法です。患者様にとって負担の少ない手術の実現に取り組んでいます。

手術体制と手術時間について

当院の整形外科手術は、多くの症例を積んだ瀬戸嶋整形外科部長をはじめとした専門医が行っており、また大学病院等の麻酔科医による充実した麻酔管理体制、手術環境下にあります。手術室内の院内連携も確立されており、手術時間の短縮化を目指しております。

なお、脊椎の手術に関しましても、全身麻酔による腹臥位の麻酔時間が短いため、手術中の身体への侵襲軽減にもつながっております。

平均的な手術時間
  • 人工膝関節全置換術(MIS)1時間30分
  • 頚椎椎弓形成術 1時間30分
  • 腰椎後側方固定術(PLF)1時間30分
  • 腰椎椎体間固定術(PLIF)2時間30分
術医(瀬戸嶋整形外科部長)の紹介 ※前勤務先にて取材を受けた記事です。
読売新聞 2008年3月2日
読売新聞 2008年3月2日 読売新聞 2008年3月2日
常陽新聞 2008年9月24日
常陽新聞 2008年9月24日 常陽新聞 2008年9月24日

リハビリテーションについて

リハビリテーションについて

患者様の状態にもっとも適した計画を策定します。また、再発防止を目的とした安定性を高めるためリハビリを行っていく必要があります。二次的な障害(筋萎縮、柔軟性の低下、姿勢不良など)も考慮し、リハビリを行っていきます。患者さんのニーズや状態に合わせたプログラムを作成しております。身体の機能障害・能力低下のある方には、個々人にもっとも適した計画を策定し、復帰に至るまでのリハビリテーション も実施しております。