主な検査設備・装置

MRI(磁気共鳴診断撮影装置)

MRIとは、強い磁石と特殊な電波の力により人体内部の構造を見ることができ、超伝導磁石と高性能コンピュータを用いた医用画像診断装置です。頭部領域の小さな疾患や婦人科領域、整形外科領域、腹部などの全身部位において、より精度の高い検査が行えます。

マルチスライスCT(コンピュータ断層撮影装置)

マルチスライスCTは、断面画像を収集でき、精密な画像を広い範囲にわたって撮影することが可能です。初期の小さな異常を全身領域にわたって見つけることが可能です。

X線透視診断装置

X線透視診断装置は、画像処理ユニットを内蔵した遠隔操作卓と汎用性の高い透視撮影台によるコンパクトかつ、機動性に優れたシステムです。上部・下部消化管の検査をはじめ、幅広い検査に対応できます。

X線骨密度測定装置(腰椎・大腿骨測定)

骨粗鬆症の診断および治療効果の判定に使用されています。微量のX線を腰椎測定部位に照射し、通常、腰椎の骨量を測定するDXA法(デキサ法:二重エネルギーエックス線吸収測定法)を用いた骨密度測定装置です。前腕骨での測定も可能です。

超音波診断装置(心臓・腹部・頸動脈・下肢血管)

超音波検査とは、人の耳には聞こえないほどの高周波数の超音波を臓器に発信して、返ってくるエコー(反射波)を受診し、臓器の様子を画像に映し出して診断する検査です。

超音波検査(エコー検査)の特徴は痛みがありません。X線撮影のように放射線による被曝の心配がありませんので、妊婦や乳幼児、高齢者でも安心して受けることができます。

腹部エコー検査

肝臓・胆のう・胆管・膵臓・腎臓・脾臓等の実質臓器の病気の診断を行います。

心エコー検査

心臓、心臓の弁の動きを観る検査です。心不全、心筋梗塞、大動脈弁閉鎖不全、僧帽弁閉鎖不全等の診断が可能です。

頸動脈エコー検査

脳血管障害や全身の動脈硬化を推定できます。動脈硬化の状態を目で見ることができ、また、脳に飛んで脳梗塞を起こすかもしれない塊(プラーク)を見つけることもできます。

下肢血管エコー検査

下肢の動脈・全身の動脈硬化を推定することが可能です。下肢静脈瘤等の診断が可能です。

その他 主な検査設備・装置

  • X線一般撮影装置
  • 上部消化管内視鏡システム(経口・経鼻)
  • 下部消化管内視鏡システム
  • 生化学検査装置(自動血球計数・CRP測定装置)
  • 血液ガス分析装置
  • 肺機能検査装置(スパイロメータ)
  • 心電図測定装置
  • 血圧脈波検査装置(ABI/PWV)
  • 脳波測定装置
  • 睡眠評価装置(簡易睡眠ポリグラフ検査)