各委員会活動

医療の質とサービス向上を目的として、院内におけるさまざまな問題に取り組んでいます。

医療安全管理委員会

医療事故防止を目的とし、患者様への安心・安全な医療サービスを提供するための活動を行っております。安全管理指針に基づき、事故発生時の適切な対応と再発防止のための分析を行うとともに、各職員への医療安全教育、年2回の研修会開催に努めています。

RM(リスクマネジメント)委員会

RM委員会では医療事故ゼロを目指し、インシデント・アクシデント等のリスク要因の事前チェックを行い、医療事故削減のための対策を検討しています。リスクマネージャーを専任で配置し、医療事故防止のチェック体制を構築しています。

院内感染対策委員会

院内感染を起こさないことを第一とし、患者様、職員を感染から守るための取り組みを行っております。各職員への院内感染教育(手洗い指導、インフルエンザ、ノロウィルスの対応等)、年2回の研修会開催に努めています。

褥瘡対策委員会

褥瘡とは、一般に「床ずれ」と呼ばれ、体を支えるベッドや車椅子に接する部位(おしり・背中などの部分)に長時間圧力がかかったり、身体を移動するときのずれなどにより血行が悪くなって皮膚などに発赤や潰瘍(傷口)が出来ることです。長く寝たきりの状態になった場合に起こりやすくなります。

看護部が中心となり褥瘡対策に取り組んでいます。褥瘡予防の正しい知識と技術、褥瘡発生時の治療法や対策について適切な援助ができるよう活動しております。

業務改善委員会

この委員会は、職員の日々の業務改善及び患者様への安全安心な医療環境改善を目的として設置されました。現場サイドにある様々な問題、「勤務環境改善を見直してほしい」「必要な医療機器・消耗品を購入してほしい」「患者様の待ち時間対策を考えたい」等様々な問題について、病院と職員が一丸となって取り組んでいます。「現場の声、患者様の声」を第一として日々の環境改善に努めています。

当院の委員会一覧
医療安全管理委員会/RM(リスクマネジメント)委員会/院内感染対策委員会/褥瘡対策委員会/医薬品管理委員会/医療機器安全対策委員会/診療録管理委員会/給食委員会/身体拘束防止委員会/業務改善委員会 等